三菱一号館美術館「オートクチュール展」

今日は教室で三菱一号館美術館の「オートクチュール展」に行ってきました。

ドール服作りをするようになってから、やはり気になるのは「どう作っているか」です。

結局オートクチュールも縫製品には変わりがないので、

「布を切って縫う」という行為なのですが、

ただただ仕上がりが綺麗でため息が出ました。

裁断し始めた途端に手を出したことを後悔しそうなうすーいオーガンジーや、

無限にずれていきそうなシルクベルベットが、

無理なく、無駄なく、服の形に収まっていました。

服を見る時、どうしてもデザインに注目しがちですが、そのデザインを実際に服にする仕立て技術の素晴らしさを改めて感じました。